ムダ毛の自己処理は肌ケアが大切!

私は小さい時から体毛が濃く、コンプレックスになっていきました。

一番古い記憶では幼稚園のプールで腕を見た友達に「毛深いね」と言われたことで、気にし始めました。
小学校では、半袖の時期になるといつも憂鬱なくらいでした。

「毛深い人は情が深い」と励まされたこともありますが、それでもやはりなくしたいと思っていました。

母は「体質だからあまり気にしない方がいい」というスタンスだったので、中学生頃から自分で処理方法を調べました。

当時はカミソリを使うとより濃くなるという話を聞いたので、カミソリ以外の処理剤はかなり試しました。

初めて使ったのは紙やすりのような素材のものをムダ毛にくるくると当てて、絡め取るものでした。
処理直後は毛がなくツルツルになり、とても嬉しかったのを覚えています。

ただ、処理自体はカミソリとほぼ同じ仕組みだったので、
日にちが過ぎると刈りそろえたように伸びてくるのが気になり、使わなくなりました。

次は脱色が良いと聞き、早速薬局で脱色剤を買い試しました。
これは境目ができずに毛の存在感が薄くなることと、色が戻るのも緩やかなので高校生の時によく使っていました。
ただ、脱色中に少し肌が痒くなっていたので、今となっては少し怖いです。

あとは、除毛クリーム、除毛ワックス、家庭用脱毛器も使いました。
除毛クリームとワックスは、手軽に効果が出ましたが、肌への負担が大きかったように思います。

家庭用脱毛器は当時コマーシャルがよくされていたソイエを使っていました。

最初は痛かったのですが、段々と脱毛の痛みに慣れてしまって、頻繁に使うようになっていました。

脱毛には熱心でしたが、保湿など肌ケアに関しての知識が浅く、
徐々に肌が荒れてぷつぷつしてきたり、埋没毛が増えたりしていきました。
今は必要な時だけ電気シェーバーを使い、なるべく肌を休ませています。

考えると怖い自己処理を長年繰り返していたと思います。
サロンやクリニックでの脱毛後も肌ケアのために何かしらはするのに。。。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ